infomation_ttl.jpg
極上の“T-1二見激情”見参(FC2ブログ)
http://t1gp23.blog.fc2.com/
やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(はてなブログ)
http://t-1.hatenablog.jp/
チケット&トラベルT-1(東京・水道橋) 03-5275-2778

2013年12月26日

爆弾発言で2013年を締めた二見激情!二見フリーク破壊成功も創造なし!二見フリークになるにはプロレスラーになるよりもハードルが高い

本題の前に、スポナビブログ(極上の二見激情)でプロレスのグッズ情報を更新した。

02年全女赤いベルトDVD、05年NEO女子DVD、T-1掲載のKamipro、第1回ディファカップJrトーナメントパンフ

さて、12月23日の「ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.41 二見社長×ターザン山本!〜2013年最後の二見激情〜」は盛況のうち終了。

当然いつものように他言禁止だが、それに加えて終わった後の感想を書くのも禁止にした。

それだけ衝撃過ぎるということだが、ツイッター、ブログ等で、今回のイベントについて自分とターザンさん以外は触れることはない。
まさに、ミステリアストーク!

今回は二次会の参加率が高かった。
いつもは全体の4割近くはトークが終わったら帰るが、今回は3人しか帰っていない。

他十数名が二次会に参加したので、ちょっとした忘年会になったが、参加率が高かったのは、トーク終了間際に衝撃の事実を発表したからだと思う。
爆弾発言で、2013年の二見激情を締めたと言ってもいい。

参加者全員が衝撃を受け、7月の重大発表を超えた反応だった。
しかもターザンさんまでショックを受け、7月のような炎上トークにならなかった。

ターザンさんがショックを受けるということは、かなり凄いことを言ったと察することできると思うが。

そのターザンさんは、ツイッターでこんなことを書いていた。

@tarzany
家族を取るか? T-1興行を取るか? 普通なら家族でしょ。チケットショッブだけをやってればいいのに。二見社長、あっという間に離婚。そして後に残った19回のT-1興行の記録。凄いよ、この人……… pic.twitter.com/OqXgqEnWjq

@tarzany
昨日、チケット&トラベルT-1二見社長とトークショー。165分のマラソントーク。ハイ、これで終了と思ったら二見社長が衝撃的爆弾発言。え? 何? それ? 今までしゃべったことが全て飛んじゃったよお。二次会はその延長戦になった。 pic.twitter.com/9txAmj16N4


以上。

爆弾発言を公開するかどうかは未定。
公開したら激震が走るだろう。

というより、激震はプロレス界に限らない。
むしろプロ野球ファンの間の方が、激震が走るんじゃないか?
特に巨人ファン、阪神ファン、ロッテファンは。
薄情な二見フリークは、何とも思わないだろう。


それよりも「フタミ塾」の参加者から、「プロ野球版のトークイベントを開催してほしい」、という要望が多かった。
阪神ファンまたはロッテファンを集めたトークを二見がやったら、意外と人が来るんじゃないか? とのこと。
検討する。

ターザンさんとのトークイベントを2000円で観れるのは、今回の「フタミ塾」を以って終わり。

2014年最初のT-1イベントは、1・12(日)18時30分〜21時30分。
「ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.42 二見社長×ターザン山本!」を水道橋・UGP4階会議室で開催する。
入場料は3000円。
T-1二見の断罪日記が連載された「紙の爆弾」が2冊付き、3時間やるので、30分早めて18時30分開始となる。

それとは別に、年に1回か2回プレミアトークを開催し、それは入場料5千円となる。
ただ、爆弾発言で諸々未定になったが。

その後は、1・26(日)19時〜21時30分 水道橋・UGP4階会議室で、T-1イベント初参加の女子格闘家とトークショーを開催する。
こちらは入場料2000円。
ゲストの選手のサイン入りポスターをプレゼントする予定。

両日とも詳細は来週に発表予定。

ここでターザンさんの日記を紹介。

爆弾発言(ターザン山本!、煩悩菩薩日記)
一部引用

二見社長としては二見フリークがこの場に来ない。それを問題視していた。

そうしたらトークショーが終わった時点で突然、衝撃的爆弾発言。
これは書かないようにという指令が下った。二次会に突入したが話題はその爆弾発言で持ちきり。大変なことになった。

 なんだ。二見社長が言いたかったことはそれだったのか。来年の1月12日にはこの同じ場所でトークショーをやると発表。


以上。

来ないといけない二見フリークは一人も来なかった。
二見フリーク破壊は見事に成功した感じか。
しかし、今のところ創造なし。


さらに、無断キャンセルをした二見フリークが一人いた(呆)。
このフリークについては二度来ないでくれ。

無断キャンセルするようなヤツは、いなくなってくれた方が逆に良い。
こういう人はいずれ自分に降りかかってくる。
実際、仕事がうまくいっていないとか。
それはそうだろう。
社会人として当たり前のことも出来ないヤツが、うまくいくわけがない。

この無断キャンセルしたアホは前に、「T-1興行」をドタキャンした某女子プロレスラーのことを「絶対許せない」と批判していたが、オマエはその女子プロレスラーと同じことをやった。
二度とオレの前に顔を出すな!

この無断キャンセルしたヤツも問題だが、連絡もせず参加もしない、DVDも買いに来ないフリークも問題というか話にならない。
トークに参加できない上に、DVDすら買いに来ない。

DVDと言っても、今年1本しか出していない。
今年だけの話ではない。
昨年も1本。
1万、2万を払えと言っているわけじゃないし。

DVDを出すということは、コミュニケーションの場を作っている。
そうしないと店に来ないだろ?
でも、たった3000円も付き合うこともできない。
3000円も出せないヤツがファンと言えるのか?
バカバカしい。


これについてターザンさんは
「来れば全て丸く収まり、プロレスになるわけですよ。来ないから断罪されるんですよぉ!来れば二見さんは怒りませんよ!過去のT-1興行を観れば判りそうなんだけどな〜。まぁ二見フリーク本人がターゲットにされると、まさか自分がターゲットされるわけがないと気が動転しちゃったんだろうね。でもチャンスを逃すという人はそれまでの人だから。二見さんも客層を変えてやっていくしかないよ」
と冷静に分析をしたのが印象的だった。

今回の件で分かったのは、12月8日の佐野直とのトークに参加した方、12月23日のターザンさんとのトークに参加した方、11月27日から発売となった第6回の「T-1スペシャル」浅草大会のDVDを買った方、いずれか当てはまる人たちとは、今後もいい付き合いができるし信用できる、ということだ。
これらに当てはまるフリークは、大事にしないといけない。


この話は、二見フリークとか以前の問題。
来店してプロ野球やプロレスなどのチケットを買っている人たちはDVDを買わなくても問題ないが、DVDを買わないといけない人たちは、今年T-1に来店したのか?

来店もしていないから、当然何も買っていない。
DVDを出してコミュニケーションの場を作っても買いに来ない。
そんな薄情な人達とは話しもしたくない。

なお、12月23日の「フタミ塾」に不参加のメールを頂いた方と、ツイッターにトークに来れないと呟いていた方(本来なら直接連絡してくるのが筋だが)の二名については、年内がタイムリミット。
今年中にDVDを買いにくれば良い。
逆に言えば、来年になるとかそういうのは通用しない。

ある意味、二見フリークになるにはプロレスラーになるよりもハードルが高いと思われるかもしれないが、自分は他のプロレスラーとは違う。
自分のやり方で突っ走るだけだ。

そういう状況でも嬉しい話もあるので書くと、12月23日の「フタミ塾」には、19回行った「T-1興行」を全部観戦している二名の二見フリークが参加してきた。

これについてターザンさんは
「19回全部!二見さん、この二人は表彰した方がいいですよぉ!凄いことですよぉ!今日来なかった二見フリークとは、二見さんに対する思い入れや絆が違うね」
と皆勤賞の二人を絶賛していた。


あと、先週二見フリークと呼んでもいい常連さんが、第2回と第6回の「T-1興行」のDVDと頼まれていたプロレスのチケットを買いに来店。

この方は、妻子持ちの方なのでトークイベントにはほとんど来ていないが、2010年以降の「T-1興行」は皆勤賞だ。
この常連さんと、「相棒」は亀山時代が良かったとか、「ハンチョウ」は神南署時代が良いとか、プロレス以外の話で盛り上がった。
DVDを出すということはコミュニケーションの場を与えていると書いたが、これがそういうことだ。

嬉しい話と言えば、T-1二見のマット界断罪日記が連載された「紙の爆弾」について。
1回目と2回目のコラム分が売切れで、第3回〜27回目まで25種類を発売中だが、その「紙の爆弾」25冊を一括購入した地方のお客さんがいた。

25冊買うと3600円、通信販売の場合は送料別。
3600円という金額よりも、25冊分の在庫が減ることの方がありがたい。
何しろ「紙の爆弾」は、今年に入ってから売れ行きが悪くなっており、1月〜11月までの11ヶ月間で、10冊程度しか売れていなかったと思う。

ところが、12月8日に久々2冊売れて、1回目の連載分が売切れたことをツイッターとブログに書いたら、翌週の15日に4冊売れ、今回の25冊まとめ買い。
取り上げたら急に売れたということは、売れ行きが悪かったのは、宣伝不足だったと思う。
話題にすれば、新規のファンが増えているのでまだまだ売れるはず。

ということで、「紙の爆弾」を絶賛発売中!

T-1二見のマット界断罪日記が連載されていた「紙の爆弾」を在庫一掃セール!6000円分が2300円

因みに、「紙の爆弾」25冊分の通信販売の場合、送料は送り先の地域によって価格が違う。

都内は800円、神奈川・埼玉・千葉、愛知は900円、大阪・兵庫・京都は1000円、北海道は1200円、仮に送料1000円なら3600円+1000円=4600円となる。

最後に、トークと関係ない話題を二つほど。

12月22日の「DEEP」で、計量オーバーした3選手について青木真也選手を始めファンなどが、計量オーバーした3選手について徹底的に糾弾していた。

確かに正論だが、青木選手はその3選手の中で、一人の女子格闘家を徹底的に断罪していた。
他の2選手と違って計量オーバーが何回もあるという理由だが、自分の見方は違う。
1回だろうが、計量オーバーはあってはいけないこと。
徹底的に追及する。
さらに一番有名な選手を狙い打ちする。
下っ端や小物は叩かない。
でも青木選手は、下の選手を狙い打ち。
自分とは違う。

自分は格闘技界の人間ではないのでこれ以上の言及はしないが、プロレス界で複数の人が同時に問題を起こしたなら、その中で一番有名な選手を断罪する。

先日お客さんから「ゲンダイ」をもらい読んで笑ったのは、田中移籍問題「長期化」は「円安待ち」の怪情報という記事。
要は円安が進んでおり、1円の円安で約2000万円が楽天に転がり込むという。
冗談みたいな話だが、カネにシビアな楽天ならあり得ると思っていたら、4円円安の104円になったタイミングで、昨日正式に田中将大の移籍を認めた。
20億円にプラス約8000万円の利益ということか(笑)。

「伝説のT-1興行第6弾 T-1スペシャル〜帰ってきた1号、2号〜」浅草大会DVD発売中!

第一次T-1終了!ターニングポイントとなった伝説のT-1興行第6弾が7年ぶりに映像(DVD)解禁!46分23秒の二見独演会と中島まさかの造反

46分23秒の二見独演会と中島まさかの造反が7年ぶりに映像解禁!「伝説のT-1興行第6弾〜帰ってきた1号、2号〜」浅草大会のDVD発売!

通販希望の方(5000円以上は送料無料)   T-1興行DVDコーナー
posted by 二見社長 at 23:18| Comment(0) | ターザン山本!関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
spacer.gif
spacer.gif