infomation_ttl.jpg
極上の“T-1二見激情”見参(FC2ブログ)
http://t1gp23.blog.fc2.com/
やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(はてなブログ)
http://t-1.hatenablog.jp/
チケット&トラベルT-1(東京・水道橋) 03-5275-2778

2011年07月29日

吉川晃司のベストパフォーマンス&最高傑作はこのツアーだ!COMPLEX ROMANTIC 1990 TOURセットリスト

引き続き、7月30日、31日に約21年ぶりに復活する、吉川晃司&布袋寅泰のスーパーユニット「COMPLEX」について振り返る。

21年ぶりに復活する吉川晃司&布袋寅泰のスーパーユニット「COMPLEX」を振り返る!COMPLEX TOUR 1989セットリスト

COMPLEX TOUR 1989の衝撃が強すぎて、早く次を出さないかと毎日のように思っていたが、結局この年にはセカンドを出さなかった。

年が明けて1990年、遂に動きだした。

まず、3月にシングル「1990」、4月には待望の2ndアルバム「ROMANTIC 1990」をリリース。
1990を聴いて直ぐに思ったことは、歌詞が全部日本語だからカラオケで唄いやすいな、と。

このオール日本語にしたのも理由があって、前回のブログで紹介した「ROCKIN'ON JAPAN vol.22」でのインタビューの中で、渋谷陽一に英語のタイトルと英語のサビが多いと、駄目だしされていた。
日本語で表現したり日本語で断定するべき、だと。

これに対して吉川も反論したが、ことごとく論破されたという(笑)。
だから、1990は渋谷陽一に対する意地というか答えなのか、と感じた。


アルバムだが、最初は率直に難しい曲が多かった。

前作がホップな感じの作品だったから。
布袋寅康色が強くなった近未来的なデジタルサウンドというか。

聴けば聴くほど味が出る曲が多いが、当時大学生だった自分はそこまで分からなかった。
単純に1st アルバムの方がいいと感じたし。

前回のツアーは1回しか行かなかったから、横浜アリーナの一発目(5月15日)から行ってきた。
2nd ツアーのセットリスト。

COMPLEX ROMANTIC 1990 TOUR
1990年5月10日 群馬県民会館〜8月8日 日本武道館 全33公演

セットリスト

Opening〜ROMANTICA
1.PROPAGANDA
2.MODERN VISION
3.IMAGINE HEROES
4.NO MORE LIES
5.JUST ANOTHER DAY
6.LOVE CHARADE
7.2人のAnother Twilight
8.DRAGON CRIME
9.BLUE
10.Can't Stop The Silence
11.CRY FOR LOVE
12.Half Moon
13.1990
14.BE MY BABY
15.PRETTY DOLL
16.GOOD SAVAGE
17.MAJESTIC BABY

【Encore】
18.RAMBLING MAN
19.恋をとめないで
20.AFTER THE RAIN


ツアーメンバー
Vocal/guitar:吉川晃司
guitar:布袋寅泰
drums:古田たかし
bass:小池ヒロミチ
keyboard:矢代恒彦
percussion:スティーブ衛藤
manupiration:三浦憲和
ROMANTIC 1990 TOUR パンフ
ロマンティック 1990 TOUR パンフレット
左から三浦憲和、小池ヒロミチ、布袋寅泰、矢代恒彦、古田たかし。
前に座っているのが吉川晃司


とにかく凄かった。
ファーストツアーを超えた。

オープニングのROMANTICAから、少しずつテンションがあがるんだが、イントロのシルエットにPROPAGANDAで黒いマントで颯爽と登場した吉川晃司を忘れられない。
一気に爆発し、吉川のマントが踊っていたから。


何と言っても吉川の動きが素晴らしい。
ドラムの古田たかしも良かった。
前回の池畑潤二と同様、重量感あるドラムだった。

横アリのこのライブを行って感動したので、6月の代々木第一体育館と最終日の日本武道館と、計3回参戦した。

曲はセカンドアルバムを中心に、ファーストアルバムを混ぜており、吉川&布袋のソロは唄わなかった。
でも、唄わないで良かった。

アルバム自体はファーストの方が好きだけど、ライブは断然セカンドの方が良い。
コンプとしての完成度は断然2ndの方が上。

このツアーは吉川晃司含めて最高傑作。

吉川晃司のベストパフォーマンスはこのツアーだと思っている。


ROMANTIC 1990 TOURこそCOMPLEXの集大成だ。
やっぱり、ファーストは個人のソロを唄ったり、吉川派、布袋派と分かれている面があったから。

でもこのツアーは、一体感があった。


それから13曲目以降の、1990→ BE MY BABY→ PRETTY DOLL→ GOOD SAVAGE→MAJESTIC BABY→ RAMBLING MAN→ 恋をとめないで、という流れは凄いというか、興奮しまくった。

どう考えてもファーストを超えたと思っている。


明日の日本一心では、ROMANTIC 1990 TOURの再来を目指してほしいが、無理かな。

ひとつ残念なのが、同ツアーのDVD(動画)が発売されていないこと。
ホント勿体無い。

映像は撮っているのは確認している。
最終日の武道館の時、大掛かりに撮影していたが。

当時、この件で何度も吉川の事務所や東芝EMIに問合せしたし。


1990 1108 東京ドームをリリースしたので、2つは出せないってことなんだろう。
次回に書くが、最後の東京ドームは自分の中ではワーストに入るライブだったので、東京ドームじゃなく、こっちを出してくれと何回思ったことか。

吉川晃司のベストパフォーマンスを、より多くの方々に観てもらいたいと思うのは、自分だけではないはず。
今からでも遅くないので、リリースしてくれないか。


あ、そうだ、セカンドで一番好きな曲は、MAJESTIC BABY。
2番目が1990、3番目はGOOD SAVAGE。
コンプで一番好きな、そんな君はほしくない、を唄わなかったが、それを感じさせない素晴らしいツアーだった。

アルバムには入っていない、1990のカップリングのJUST ANOTHER DAYは好きな曲だし、PROPAGANDAもお気に入り。

次回は、COMPLEX ROMANTIC EXTRA 1990 1108について更新。
パンフ表紙パンフ表紙


追記
伝説のユニット 吉川晃司・布袋寅泰 COMPLEX ROMANTIC EXTRA、19901108 ビデオ

吉川晃司、布袋寅泰 COMPLEX 1990・11・8 東京ドーム限定 フォトカード(60枚)パンフ

T-1興行にも登場したディアナ・野崎渚が解雇!(リアルライブ)

T-1二見社長、ふたたび大激白! 「週プロ佐藤編集長、いつまでも逃げてないでトークライブに来い!」(リアルライブ)

T-1二見社長、フタミデーの大激白!(1)「さくらえみ、引退する市井舞なんかどうでもいいから、文句があるならオレと戦え!」(リアルライブ)

T1futami(ツイッター)   Ticket_T1(ツイッター)

チケット&トラベルT-1地図・03-5275-2778

T−1グランプリオフィシャルサイト
posted by 二見社長 at 19:10| Comment(2) | 吉川晃司・COMPLEX・ほか
この記事へのコメント
こんにちは。地方在住の41歳男です。
再結成ライブには行けませんでしたが、明後日のWOWOWライブを楽しみにしている今日この頃です。

>ROMANTIC 1990 TOURこそCOMPLEXの集大成
>このツアーは吉川晃司含めて最高傑作。吉川晃司のベストパフォーマンスはこのツアーだと思っている。

すごく同感です。
特にRAMBLING MAN→恋をとめないでの流れが最高です。
http://www.youtube.com/watch?v=jTSqvqbs7o0

>イントロのシルエットにPROPAGANDAで黒いマントで颯爽と登場した吉川晃司

これですよね?鳥肌もんです。
http://www.youtube.com/watch?v=VCfqzgZ-Fok

ではでは。
Posted by at 2011年08月05日 16:42
RAMBLING MANと恋をとめないではセットで唄わないと駄目ですね。
先日のライブではセットではなかったですが。
PROPAGANDAはそうです。
ROMANTIC 1990 TOURを超えることはないでしょう。
だからこそ、この時の動画を出さないのは勿体無いです。
Posted by チケット&トラベルT−1 at 2011年08月06日 13:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
spacer.gif
spacer.gif