infomation_ttl.jpg
極上の“T-1二見激情”見参(FC2ブログ)
http://t1gp23.blog.fc2.com/
やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(はてなブログ)
http://t-1.hatenablog.jp/
チケット&トラベルT-1(東京・水道橋) 03-5275-2778

2018年01月22日

大相撲を支えてくれた第一人者なら脅していいのか? 自業自得の白鵬 相変わらずの注射相撲横行でモンゴル互助会の鶴竜優勝の茶番!? テレビから消えた横野レイコ

やっぱり“T-1”は悪球打ちby23は、はてなブログに引っ越し  http://t-1.hatenablog.jp/

やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(はてなブログ)

昨年の12月に更新した悪球打ち野球ブログの記事2つ紹介。

引く手あまただと思いきや、未だに声がかからない村田修一 その理由は? このままだと引退の可能性も

東京ヤクルト戦(神宮球場)の土日祝は全席指定席、外野自由席試合半減 株主優待証はどうなる? T-1悪球打ちはてなブログに引っ越し 1/15までの更新について

スポナビブログの極上の二見激情は、1月下旬に引っ越しとなる。
1月15日で投稿は終了したので、引っ越し先はホームページ、ツイッター、当ブログで告知する。

その極上の二見激情ブログでは、この2ヶ月間はずっと一連の大相撲問題とメディアの酷さについて取り上げてきた。

相撲協会は嘘、暴力にまみれた組織か?貴乃花親方憎し池坊保子の悪意満ちた偏見 一番礼を欠いていたのは日馬富士、白鵬、照ノ富士、石浦、隠蔽しようとした八角理事長

冬巡業中に起こった行司セクハラ事件 宮城野親方の監督責任 白鵬の言いなりで貴乃花親方を巡業部長から外した八角理事長と春日野親方の責任問題 フジテレビグッディの酷さ

水道橋 チケット&トラベルT-1  03-5275-2778

極上の二見激情ブログの引っ越しが終わるまでは、当ブログで大相撲問題について更新する。

大相撲初場所は、白鵬が序盤に連敗、稀勢の里は1勝4敗、と今場所も2人の横綱が休場。
特に稀勢の里は出ては休場の繰り返しなので、次駄目なら引退だろう。

白鵬は得意のエルボー、張り差しが出せないので、この休場は予想された。

自分は再三ツイッターで、「今場所一番の注目の白鵬と貴景勝を何故当てないのか」、「貴景勝と当たる前に白鵬休場ってこともあるので早く当てろ」という内容のツイートをしまくった。


Ticket_T1(チケット&トラベルT-1 ツイッター)

T1futami(T-1二見 ツイッター)

通常小結は、初日、2日目に横綱と当たる。
実際、貴景勝は初日稀勢の里、2日目鶴竜だったが、そこは空気を読んで初日に白鵬と貴景勝だろ。

白鵬に気を使って、貴景勝を外す優遇措置でもあるのか?
そうしたら、貴景勝とやる前に白鵬が逃げた。

ホント相撲協会はアホだ。
興行というのを分かっていない。
こうなると協会サイドは白鵬が序盤で休場するのを想定し、それで貴景勝と当てなかったとしか思えない。

白鵬を擁護する人達にも腹が立つ。

白鵬を擁護する内容は、「人気がなかった時に大相撲を支えてくれた第一人者」、「かち上げ、張り差しは反則ではない」、「モンゴル人だから批判される」、「差別」、と大体こんな感じだが、それがどうしたって話だ。

白鵬を擁護する人達って、ホント相撲を見ているのか?

大相撲を支えてくれた第一人者なら、人を脅していいのか?
増長を許したから、日馬富士の暴行事件だって起こったんじゃないのか?

白鵬の場合、かち上げではなくひじ打ちだ。
プロレスで言うとエルボー。
明らかに故意のひじ打ちを顔面に目掛けてやっていいのか?

あのひじ打ちは今に始まった話じゃないし、差別にしても日本人力士が白鵬と同じことをやったら一発でアウト。
モンゴル人だから大目にみてもらったんじゃないか。
何を言っているんだ(怒)。

何度問題を起こしても、相撲協会は毎回「厳重注意」でお茶を濁してきた。
そんなことを繰り返してきたら、批判されて当然だ。

白鵬が増長して、目に余るようになった要因は相撲協会と横審と盲目的な信者が甘やかしたからだ。

自業自得。
同情の余地などない。

その初場所だが、ツイッターで再三予想してきたが、相変わらずの注射相撲横行によりモンゴル互助会の鶴竜優勝という最悪の結末になりそうだ。

鶴竜の9連勝だが、自分が観る限りの注射とガチンコの内訳は以下の通り。

ガチンコ 初日 北勝富士、2日目 貴景勝、3日目 嘉風、8日目 正代。
注射 4日目 逸ノ城、5日目 千代大龍、6日目 琴奨菊、7日目 栃ノ心、9日目 荒鷲。

ガチンコが4番、注射が5番、片や御嶽海はオールガチンコ。
精神的にも体力的にも断然鶴竜が有利だ。

嫌な予感が的中して、7連勝の御嶽海は逸ノ城、栃ノ心に連敗。
これが、注射が混ざる力士とオールガチンコの差。
鶴竜は中休みできるのが大きい。

モンゴル互助会の手下の琴奨菊、栃ノ心と中休みができたお陰で、8日目の正代に勝つことができた。
もし7日目までオールガチンコだったら、あそこで引いて、そのまま押し出されて負けていた。

それにしても琴奨菊は日本人の恥だし、栃ノ心は大相撲をつまらなくした力士の一人だ。

モンゴルの犬 栃ノ心の対戦成績を見てほしい。

白鵬 25戦全敗 鶴竜 1勝22敗 日馬富士 6勝23敗 稀勢の里 9勝16敗 豪栄道 10勝14敗 琴奨菊 5勝24敗。

要は、モンゴル互助会の白鵬、鶴竜、日馬富士、琴奨菊に星を売り、ガチンコの稀勢の里、豪栄道には善戦。

また、今場所の逸ノ城と栃ノ心を見ると分かりやすい。

鶴竜には注射で無気力敗戦に対して、御嶽海にはガチンコで勝利。
結果、鶴竜の援護射撃。

逸ノ城はモンゴル互助会と一線を画していたが、お仲間入りか?
荒鷲も互助会の手下になったようだ(呆)。
角界は全く変わっていない。

繰り返しになるが、モンゴル互助会の手下栃ノ心はガチンコの御嶽海に勝利し援護射撃。
鶴竜は今日も注射で荒鷲に楽勝。

このパターンで稀勢の里は何度も優勝を阻まれた。
これだから互助会に入会している力士ばかり優勝する。
完全に、鶴竜優勝の出来レースだし茶番だ。

オールガチンコで疲れの見える御嶽海は、二桁勝てれば上出来だろう。

鶴竜は、明日10日目は隠岐の海。
11日目以降の予想は、阿武咲、玉鷲、御嶽海、高安、豪栄道。

おそらく残り6日間は全部ガチンコの可能性が大なので、3つ負けてくれれば面白くなるが。
ただ鶴竜が3敗しても優勝すると見た。

1敗の栃ノ心は、あと2つ以上は負ける。
3敗の豪栄道と高安が、残り全部勝つことはない。
先ほど書いたように2敗の御嶽海は多分10勝5敗。

最悪、栃ノ心との優勝決定戦になっても、鶴竜優勝で終わる。
こんな出来レースを許していいのか?

ところで、あれだけ毎日のようにテレビに出ていた、横野レイコが全く出なくなった。

記憶が正しければ、年明けの1月4日はみんなのニュース、1月5日はとくダネ!とグッディに出演。
おそらく1/5のグッディが最後だと思う。

その後は、パネルを通してのコメントは紹介されても、スタジオには来ていない。

1月8日のバイキングで、式守伊之助のセクハラ問題について放送した際、「貴乃花一門の行司が報告して公になった」と横野レイコのコメントを紹介した。
これに対して、藤田紀子さんが「あの人は適当なことを言うから分かりません。アイスピックだってそうじゃないですか」と批判。
番組終了時に横野から反論の電話があった。

それ以降は、パネルでの紹介も無くなった。
遂に干されたか?

そういえば、昨年の12月にグッディに出演した木村太郎氏は、「白鵬の相撲には品がない。横綱は張り差しをやるべきではない。みんなそう言っている」と白鵬を批判すると、横野は「猫だましは素晴らしいって言う人が周りにいるから」と支離滅裂な白鵬擁護を繰り広げた。

相撲協会の犬 横野レイコ、このままテレビから消えてもらいたい。


画像は川合玉堂(山種美術館)のちらし(入館券は売切れ&終了)。
川合玉堂


T−1グランプリオフィシャルサイト

(二見社長 フェイスブック)

T−1激情&チケット
posted by 二見社長 at 23:09| Comment(0) | 断罪コーナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
spacer.gif
spacer.gif