infomation_ttl.jpg
次回イベント未定
ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.64 二見社長×
チケット&トラベルT-1(東京・水道橋) 03-5275-2778
07年二見式のケジメ T-1スペシャル DVD 発売中
T-1グランプリ〜二見社長対堀田祐美子初対決〜、二見プロレスデビュー戦 DVD付課外授業受講生受付中

2017年09月03日

巨人、西武、ロッテ戦のチケット、ジャイアンツ&プロレスグッズ大幅売上アップ マイナスはヤクルト戦とプロレスチケット 2013年〜16年を超え、12年の売上に迫る勢い

本題の前に極上の二見激情ブログで、30年以上前の話を暴露するUWFとT-1開業22周年について更新した。
なお、8/25付のアクセス数は6230だった。

30年以上前のUWFの話をいまさら暴露するな 言うならその時に言え オレはその時に問題提起した チケット&トラベルT-1開業22周年

また悪球打ちの野球ブログでは、読売ジャイアンツ(東京ドーム) スペシャルデザインチケット、デザインチケットについて取り上げた。
巨人対横浜チャンピオンシート


読売ジャイアンツ(東京ドーム)17年プレミアム・ラウンジ ロイヤルウイング&チャンピオンシート スペシャルデザインチケット、ビームシート&スカイシート デザインチケット タオル引換券付
巨人対中日ロイヤルウイング


当ブログでは取り上げるのが遅くなったが、8月23日は「チケット&トラベルT-1」開業記念日。

2017年8月23日で「チケット&トラベルT-1」は22周年を迎えることができました。
22年間営業できたのも横浜DeNA、千葉ロッテを始めとするプロ野球ファン、プロレス、格闘技ファンなど、売上に貢献してくれたお客様のおかげです。

売上に貢献しているお客様には深く感謝しています。
今後とも変わらぬご支援のほどよろしくお願いいたします。

なお、売上に貢献しない人たちには感謝していないのであしからず。


水道橋 チケット&トラベルT-1  03-5275-2778

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1 ツイッター)

詐欺フリークや店に来ない人たちには関係ない話になるが、4月18日にJR水道橋駅近くの新店舗に移転してから4ヶ月半経った。

移転効果なのか順調に売上を伸ばし、今年の1月〜8月までの平均売上が、昨年(2016年)と比べて約18%、一昨年(2015年)と比べて約16%アップ。
移転後の5月〜8月までの4ヶ月に限れば、昨年の5月〜8月よりも約29%の大幅アップ。

やはり東京ドームでの巨人戦の売上が伸びたことが、大幅アップに繋がった。

購入するのは巨人ファンよりも横浜DeNAや広島ファンを中心としたビジターチームのファンばかりと、悪球打ちの野球ブログでは再三取り上げたが、ビジターファン中心なら、3塁側とレフト側のチケットを中心に入れればいい話だ。
その読みが功を奏して結果を出すことができた。

大幅アップは巨人戦だけではない。
メットライフドームでの埼玉西武戦、ZOZOマリンスタジアムでの千葉ロッテ戦、この二つも大幅に売上が伸びた。

西武はチームの成績が好調なのが一番の要因かと。
ロッテの場合、チームの成績が悪くても安定している。
もっともロッテ戦に関しては、新聞社発行内野自由席招待券の入荷枚数が多かったので、多く枚数を入れた分、売上が伸びた。

チケット以外では、ジャイアンツグッズとプロレスグッズが大幅にアップ。
ジャイアンツ&プロレスグッズは、新規のお客さんが増えた結果。

巨人ファンの来店が増えたのであれば、ジャイアンツ側のチケットの売上の方もいずれ伸びるかもしれない。
そのためには、一塁側とライトスタンドのチケットをもっと入れないといけないが。

家賃は半額以下になった上、巨人戦、西武戦、ロッテ戦、ジャイアンツ&プロレスグッズの売り上げが大幅にアップ、本来なら大喜びしたいところだが、15年と16年が悪すぎるし、特に昨年は過去最低の数字だったので、この程度では喜べない。


昨年の記事  T-1開業21周年!金券ショップが店舗とヤフオクで併売することは自分で自分のクビを締める行為

2015・16年よりも良い2013・14年はほぼ同じ売上なので、この2年と比べると、約3%のアップ。
2013年〜16年まで4年間の数字を超えて、さらに上の5年前(2012年)の売り上げに迫る勢いだ。

3・26の「フタミ塾」で話したが、今年中に5年前の数字に戻すことが目標だったので、達成できてまずはほっとしているが、この数字に満足せず、もっと上の数字を目指していきたい。

もっと上の数字を目指すには、昨年と比べて売上がダウンしている、神宮球場での東京ヤクルト戦、プロレス関連のチケット。
さらに、移転当初は伸びていたが、この2か月間低調の東京ドームシティアトラクションズとスパラクーアのチケット、これらを伸ばしていかなと、5年前の数字に戻す程度で終わってしまう。

ヤクルト戦が悪い原因は分かっているので(チームの成績が理由ではない)、その件は野球ブログで取り上げるとして、一番の問題はプロレスのチケットだ。
プロレスが伸びないと、何のためにこの場所に移転したのか意味がなくなる。

来年は6年前の2011年の売上まで戻したいが、その数字に復活する鍵は、プロレスが握っている。

画像は、移転祝いでお客さんから頂いたお土産。

移転祝い


第10回T-1 DVD  二見社長「高田総統!オレにはビターンは通用しない」 堀田が営業中のチケットT-1に乱入した映像を初公開

二見社長が「ハッスル」に宣戦布告した第10回「T-1興行」7年4ヶ月ぶりに映像解禁!二見対堀田の前代未聞の大空中戦初公開!

「二見対堀田初対決」、「二見デビュー戦」DVD付課外授業、受講生受付中。
T-1ベスト興行 二見社長対堀田祐美子初対決の非売品DVD付きの課外授業

男子は二見1人、残り全員女子プロレスラーという大会は「T-1興行」が元祖!今のプロレスに忘れているものが「T-1グランプリ」にある

二見プロレスデビュー戦DVD付きの「フタ・ミ塾」課外授業を実施

前人未到な挑戦、前代未聞のAVとのコラボ、スポンサー獲得、浦井百合覚醒、重要な意味合いを持つ二見プロレスデビュー戦「T-1グランプリ」

最後に雑談コーナー。

8/27に久々第10回T-1興行のDVDが売れた。
新店舗に移転してからT-1DVDが売れたのは3本目。

これで今年になってからT-1興行のDVDは、第1回1本、第2回3本、第3回3本、第5回2本、第6回2本、第7回2本、第8回1本、第9回3本、第10回2本、19本売れた。

本題で取り上げた西武とロッテ戦の売上が伸びた件だが、ロッテ戦は沢山入れれば売れることは分かっていた。
それだけロッテファンの常連さんがいるので。

でも西武戦の売上が伸びたのは、嬉しい誤算。
何しろ今年は、開幕から今日まで内野指定席のチケットが1枚も余ったことがない。

例年、西武ドームの西武戦は残ったチケットを利用して現地観戦することが多い。
自宅からそんなに遠くないこともあるので、毎年10回くらいは行く。

ところが今年は残らないので中々行けず、初の現地観戦が7/21(金)西武対日本ハム戦。
これもタダで貰った内野自由席招待券を使って行った。

その後もお客さんから頂いたオリックスビジターチケットを使って7/26(水)と8/26(土)オリックス戦を2回、再び貰った内野自由席で8/1(火)の楽天戦を観戦と、まだ4回しか入っていない。

残らないということは当然良いことなので、9月もこのペースで西武戦のチケットを売りたい。

画像は埼玉西武 株主優待券・内野指定席S引換券。
西武株主優待券


引換不可の試合なし、最終戦まで有効 埼玉西武戦(メットライフドーム)株主優待券・内野指定席S引換券 プレミアムは内野指定席A、大宮は内野指定席 実は群馬が使えた
西武株主優待最終戦


T-1興行第6・7弾DVD  第一次T-1終了!ターニングポイントとなった伝説のT-1興行第6弾が7年ぶりにDVD解禁!46分23秒の二見独演会と中島まさかの造反

46分23秒の二見独演会と中島まさかの造反が7年ぶりに映像解禁!

地殻変動を起こした第二次T-1「伝説のT-1興行第7弾」で二見社長がプロレスデビューを決意!6年8ヶ月ぶり映像解禁

二見社長がプロレスデビューを決意した映像が6年8ヶ月ぶり解禁!

T-1興行第3・5弾DVD  女子プロレスではなく二見目当てで観に来たT-1カリスマ伝説の出発!「T-1興行第3弾」

「T-1興行第3弾」は二見革命、反逆の原点!19年ぶりのワンマッチ興行DVD

二見社長の魂の叫び⇒決まったことしかできないプロレスなんかいらねーよ!「T-1興行第5弾」DVD

T-1興行DVD通販申込み(5000円以上は送料無料)⇒  T-1興行DVDコーナー

千代田区三崎町2-11-11 福田ビル2階 JR水道橋駅東口&西口下車

9・6(水)大日本プロレス(新木場1st RING)、9・14(木)リアルジャパンプロレス(後楽園ホール)

T−1グランプリオフィシャルサイト

T1futami(T-1二見 ツイッター)  (二見社長 フェイスブック)

メールマガジン  T−1激情&チケット
posted by 二見社長 at 22:09| Comment(0) | 日記・金券・チケット情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
spacer.gif
spacer.gif