infomation_ttl.jpg
極上の“T-1二見激情”見参(FC2ブログ)
http://t1gp23.blog.fc2.com/
やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(はてなブログ)
http://t-1.hatenablog.jp/
チケット&トラベルT-1(東京・水道橋) 03-5275-2778

2015年01月16日

青木真也の高いプロ意識については評価するも、フジメグを茶化した青木の言動ついては呆れ返った

本題の前に極上の二見激情ブログで、プロレスグッズについて更新した。

小橋建太直筆サイン入りTシャツ、BUSHI Tシャツ、棚橋弘至、天山広吉、飯塚高史、4代目タイガーマスク、ほか全8選手のサイン色紙

今日は、大晦日から日が経ったがあの話題について取り上げる(ツイッターではかなり書いたが)。

青木真也選手は、昨年の大晦日「IGF INOKI BOM-BA-YE 2014」両国国技館大会で、山本勇気選手と対戦。
青木は、良くも悪くも話題を提供してくれる。
何とツイスター(グランドのコブラツイスト)で、山本からギブアップを奪い見事一本勝ちした。

いくら格下との対戦とは言え、正直恐れ入った。
狙っていたとは思うが、MMAの試合で、しかも大舞台で狙って極めて勝つことができるというのは、素直に凄いな、と思う。


その後、山本勇気を侮辱した態度が波紋を呼んでしまったので、問題の場面を説明する。

タップしたばかりで無抵抗の山本に対して、青木は「バーカ」と暴言を吐いた。
山本は青木に詰め寄るが、青木は山本の目線を合わせずに客席に向かって煽る。

山本は抗議の意味も込めてマイクアピールをすると、先ほどまで毒を吐いた青木がマイクで
「ギブアップしておいて負けていないと言うのは止めてください。猪木会長の技を使えたので満足しています。良いお年をお迎えください。」
と、今度は一転として善人ぶりを演じて、山本を悪者に仕立てた。

ブーイングが飛び納得いかない山本は、リングから降りようとしない。
そこで運営サイドの高橋義生氏が、山本の喉下を押さえつけて「リングから降りろ」と怒鳴りつける。

最後青木は、山本に向かってなのか、野次を飛ばしたお客に向かってなのか、中指を立てて挑発しながら帰り、後味の悪い結末になった。

で、この時の青木と山本と高橋、3者の行動について賛否両論となった次第。

青木を支持する人達は、青木こそ猪木イズムの継承者、あれこそプロ格闘技と絶賛。
アンチ青木は、品位に欠けると批判。

山本に対しては、試合前に青木を挑発しまくったので試合後に何を言われても仕方がないと批判する人もいれば、「バーカ」と言われたら怒るのは当然と擁護する人もいた。

高橋の行動については、当然の行動と支持する人と、選手の喉を掴んだのは許せないと批判する人と、意見が真っ二つに分かれた。

こんな感じでまとめてみたが、自分の意見を書く。

まず青木については、青木らしくていいんじゃないか。
勿論肯定するつもりはないし、「バーカ」と挑発したり、中指を立てれば、批判されて当然だ。

でも青木は、「競技よりもエンターテイメントを重視」と公言しているわけだし(修斗時代は、エンタメよりも競技と言っていたが)、修斗のリングで同じ行為をしたら問題になるが、IGFのリングなら有りじゃないか。
何よりも、プロデューサーのアントニオ猪木氏が青木のことを認めているんだから、この件については批判することはない。

しかし、あれを猪木イズムと言われると、それは全然違うだろうって話だ(青木自身が猪木イズムと言っているわけではないが)。
猪木氏は、抵抗できない相手に「バーカ」と言ったり、中指を立てたりしない。
あと善人ぶった青木のマイクアピールは、ショッパイのひと言。
ヒールになりたいなら、ヒールで貫け。
変に善人ぶるから中途半端と言われる。

結局、青木に勝てる日本人の格闘家がいないから、青木はやりたい放題できるわけで。
ライト級(70kg前後)では、頭一つどころか、頭十くらい抜けているので、日本に敵はいない。
青木のプロ意識の高さは、他の格闘家も見習った方がいい。


次に山本は、雰囲気に呑まれていた感じだったし、何度やっても青木には勝てないだろう。
それくらいレベルが違うし、差があった。

まぁこの世界結果が全て。
試合後の青木の態度は大人気ないかもしれないが、嫌なら勝てば良かった話なので、何を言われても仕方がない。

一番最悪だったのは高橋。
負けたら潔く降りろと、言っていることは正論でも、山本の喉下を押さえつけて怒鳴りつけたのはやり過ぎ。
もっと言うなら、空気が読めない。
運営している側ならなお更だ。

ということで、確かに大人気ない面もあったが、青木の高いプロ意識については評価していた(実際自分は、青木の試合後の行動については批判していない)。
だが、試合が終わったあとのツイッターでの青木の言動が情けないというか、怒りを通り越して呆れ返った。

日本女子総合格闘技界のパイオニアのフジメグこと藤井惠さんが、一連の青木の行動について疑問を呈した。
詳細はツイッターを読んでほしいが、もの凄く真っ当なことを書いていた。

1週間くらい連続で書いていたが、フジメグさんの主張はブレていないし、一貫性もあるし、何よりも実績もあるので共鳴できる。
それと、はっきりモノを言うところも覚悟が伝わってくる。

ところが、青木本人や青木信者、そして北岡悟までが加わって、フジメグさんのことを茶化したり、否定したり、喧嘩越しに絡んだりしていた。
青木もポリシーを持ってやっているのは分からないでもないが、真面目に意見している実績のある元格闘家にあの茶化した態度は有り得ない。

そもそもフジメグさんは、青木を否定しているわけじゃない。
青木の行為とフジメグさんが考える総合格闘技を通しての地位向上にズレがあるので、それを主張しているに過ぎない。
問題提起と言っていいだろう。
それを茶化すということは、青木、青木信者、北岡の性格が歪んでいるとしか思えない。

別に自分は、フジメグさんの味方をしているわけではない。

一つフジメグさんの意見を引用すると

「正しいか正しくないかは別として ここに書くのならちゃんと自分の意見・見解を書くべき。 アホとかバカとか書く事で自分が優越感に浸れて気持ち良いならそれはそれで構わないけど。そんな簡単なもんじゃない。」と仰っていたが、自分も同感だ。

一つの意見を、何であのように茶化すことができるのか?

青木はそのときの思いつきで言うことが多々あるので、そうなると当然主張はブレまくる。
だから一貫性もないんだが。

正しいと思うなら、堂々と主張すればいいわけだし、ヒールをやりたいなら他人の言動を気にするなって話だ。
茶化すということは自信のない証拠。

女子総合格闘技界で実績のある選手に対して茶化した態度を取るということは、青木は本当に女子格闘技のことが嫌いなんだろう。
それならアンチ女子格闘技と謳って、徹底的に女子格批判をすればいい。
それも一つの考えなので。
ただ言いたいのは、ちゃんと観てから文句を書けってことだ。

でも、女子格闘技のことが嫌いなくせに、妊娠で引退試合が中止になった件については擁護しまくったからな。
やっぱり、この人は一貫性がなさ過ぎ。


問題も多かったが可能性を感じた「DEEP JEWELS3」 一連の発言の落とし前も付けられない青木真也

新たなターザン山本を引き出し大成功のフタ・ミ塾!二見式のプロレスの洗礼を受け、受身が取れずにいる青木真也

計量を失敗した女子格闘家は叩きまくり、妊娠して引退試合を中止にした長野美香は擁護しまくる青木真也の一貫性のなさを断罪!二見×ターザン山本のガチトーク
09・2・4 ジュエルス画像は女子総合格闘技 ジュエルス(09年2月4日)


ところで、昨年の大晦日に更新した当ブログの記事で、「2014年の総合格闘技界は良くも悪くも、青木で始まり、青木で終わった」と書いたが、2015年も青木一色なってしまうのか。

それよりもこの記事の画像に注目。

2014年の二見、チケット&トラベルT-1、プロレス、格闘技、ドラマを総まとめ!

何と、藤井惠選手が表紙のVTJ 3rd DVDの画像を使っていた。
意味深というか、青木対フジメグの抗争が始まると予言していたのか?


「T-1グランプリ〜レスラー二見社長が堀田祐美子と初対決〜」DVD付の課外授業、受講生随時受付中!

T-1ベスト興行 二見社長対堀田祐美子初対決の非売品DVD付きの課外授業について

男子は二見1人、残り全員女子プロレスラーという大会は「T-1興行」が元祖!今のプロレスに忘れているものが07・10・8「T-1グランプリ」にある

歌舞伎町の黒いBOXで二見社長が大流血した映像を7年ぶりに解禁!11・16(日)T-1ベスト興行DVD付プレミアトーク開催

最後にお約束の雑談コーナー。

1・25(日)と2・1(日)は2週連続で「ガチトークフタミ塾」を開催するが、2週連続の開催は2012年12月2日と9日以来、約2年2ヶ月ぶり4度目(12年だけで3度2週連続開催)。
なお2年前のゲストは、12・2が杉山しずか選手、12・9が松本晃市郎氏だった。

1・25(日)18時50分〜21時50分
ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.51 二見社長×ターザン山本!〜20周年イヤー最初の二見激情〜
水道橋・UGP4階会議室  3000円※紙の爆弾2冊付き

危険な遭遇!
禁断の遭遇!
因縁の二人が初のトークイベント開催!
2・1(日)18時50分〜21時50分
ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.52 二見社長×サバイバル飛田
水道橋・UGP4階会議室  3000円※紙の爆弾2冊付き

そういえば敢えて名前は出さないが、一生懸命やっている選手に還元もせず、自分だけ儲けている現役の総合格闘家兼プロモーターがいる。
その人が大会をやると、儲からず苦しいのでギャラはチケットでお願いできないか、と頼むケースが多いが、実際は儲けている。

しかも、弟子には厳しい試合をやらして、自分は弱い相手か●○△。
さらに、試合前なのにも関わらず、女子格闘家に合コンしようと、しつこく連絡する始末。
こういうモラルのないヤツは、早く格闘技業界から消えてほしい。

阪神の和田と中日の高木前監督を比較する人が多いが(無能監督同士という意味で)、高木氏はインタビューや公の場で何度も成績不振についてきちんと謝罪をしていたのを何度も聞いたことがあるので、和田よりは全然マシだ。

何しろ和田は、坂井オーナーや南球団社長には謝罪するが、選手、ファンに対しては謝罪の言葉を聞いたことがない。
つまり、高木氏よりも人間性で劣るわけで。
采配ミスをしても選手に責任を擦りつけ、自分は責任を取らない和田のことを男にしたいと思う選手がいると思うか?

名前をなくした女神、再放送で初めて観たけどドロドロし過ぎてハマっている。
最近は10時5分から「ハンチョウ〜神南署安積班〜」、14時から「名前をなくした女神」という流れ。
仕事中にオレは何をやっているんだ(笑)。

画像は、ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る!(上野公園 国立科学博物館)のチラシ(ヒカリ展のチケットは売切れ)。
ヒカリ展


今年のチケット&トラベルT-1は、プロ野球、プロレス、格闘技以外のスポーツ(サッカー、アメフト、ラグビー、テニス、大相撲、ほか)や映画、美術館、コンサートなどのチケットを多く入れることがテーマでもあるし、課題でもある。

「T-1グランプリ〜二見プロレスデビュー戦〜」DVD付課外授業、受講生受付中!

二見プロレスデビュー戦DVD付きの「フタ・ミ塾」課外授業を実施!浦井百合とまさかの再会!

前人未到な挑戦、前代未聞のAVとのコラボ、スポンサー獲得、浦井百合覚醒、非常に重要な意味合いを持つ二見プロレスデビュー戦「T-1グランプリ」

二見プロレスデビュー戦映像解禁の記念イベント!DVD付きのプレミアトーク!3・30(日)二見社長×ターザン山本

「T-1興行第7弾」DVD

地殻変動を起こした第二次T-1「伝説のT-1興行第7弾」新木場大会で二見社長がプロレスデビューを決意!6年8ヶ月ぶり映像解禁!DVD発売中

「T-1興行第6弾」DVD

第一次T-1終了!ターニングポイントとなった伝説のT-1興行第6弾が7年ぶりに映像(DVD)解禁!46分23秒の二見独演会と中島まさかの造反

46分23秒の二見独演会と中島まさかの造反が7年ぶりに映像解禁!「伝説のT-1興行第6弾〜帰ってきた1号、2号〜」浅草大会のDVD発売!

「T-1興行第5弾」DVD

二見社長の魂の叫び⇒決まったことしかできないプロレスなんかいらねーよ!「伝説のT-1興行第5弾〜トラブルシューター二見×篠原〜」のDVD発売!

通販希望の方(5000円以上は送料無料)   T-1興行DVDコーナー
posted by 二見社長 at 22:21| Comment(1) | 日記・金券・チケット情報
この記事へのコメント
ロクサン・モダフェリ様‼‼

是非ともタレント兼魚類学者「さかなクン」と国際結婚して下さい‼‼
Posted by 蒼田 飯総郎(あをた・いさを) at 2019年04月16日 18:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
spacer.gif
spacer.gif