infomation_ttl.jpg
極上の“T-1二見激情”見参(FC2ブログ)
http://t1gp23.blog.fc2.com/
やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(はてなブログ)
http://t-1.hatenablog.jp/
チケット&トラベルT-1(東京・水道橋) 03-5275-2778

2014年12月31日

2014年の二見、チケット&トラベルT-1、プロレス、格闘技、ドラマを総まとめ!

本題の前に極上の二見激情ブログで、内藤哲也直筆サイン入りイラストTシャツについて更新した。

内藤哲也直筆サイン入り イラストTシャツ、CHANCE TO REALIZE Tシャツ、鉄腕アトムコラボTシャツ第4弾

さて、2014年最後のブログ更新ということで、2014年の二見、チケット&トラベルT-1、プロレス、格闘技、ドラマを総まとめで振り返る。
なお、プロ野球については悪球打ちの野球ブログで取り上げているので、こちらでは割愛する。

やっぱり“T-1”は悪球打ち!by23(野球ブログ)

まず二見から。
今年は1度も主催でプロレスの大会を開催しなかったし、試合もやっていない。
2005年に「T-1グランプリ」を始めてから1度も大会をやらなかった年は、2009年以来となるので5年ぶり。
最後に大会をやったのは、2013年2月10日「T-1クライマックス」竹芝大会。
1年10ヶ月以上大会をやっていないことになる。


この間にやろうと思えば出来たし、実際大会をやるつもりで動いた時期もあった。
でも再三書いていることだが、筋が通らないなんちゃってフリークが多過ぎるので、開催しなかった。
店に1年、2年も全く来ないで、大会だけ来るのはおかしくないか?
この話を書くと虫唾が走るので、この辺で止める。

大会はやらなかったが、今年は「ガチトーク“フタ・ミ塾”」を9回開催した。
2012年は9回、2013年は4回だったので、昨年よりも5回増えて、一昨年と同じ回数に戻った形。


今年行った9回のゲストの内訳は、ターザン山本!氏が5回、富松恵美選手、松澤チョロ、佐野直、ジ・ウインガーが1回ずつ。
今年一番面白かったのは、佐野とやったカリスマ対スーパースター。
富松選手とやったのも凄かったし、5回行ったターザンさんとは、3月30日に行った二見プロレスデビュー戦DVD付きのプレミアトークが一番良かった。


二見プロレスデビュー戦映像解禁イベントで、プロレスとは何か?を再認識した フタ・ミ塾でターザン山本!氏を覚醒、T-1グランプリで浦井百合を覚醒

その「T-1興行」のDVDだが、今年は3本出した。
本当は4本出す予定だったが、1年間に3本出したのは初めてなので。

非売品といえ、07年6月27日「T-1グランプリ〜二見社長プロレスデビュー戦〜」新宿大会と、ベスト興行の07年10月8日「T-1グランプリ〜レスラー二見社長が堀田祐美子と初対決〜」新宿大会のDVDを出せたというのは、自分の中でもケジメをつけることができた。
この2本を封印したままで終わるのと、7年ぶりでも解禁できたのでは、全然違う。

個人的には、浦井百合と再会したことが一番驚いた。
これも、6年9ヶ月ぶりに二見プロレスデビュー戦の映像を解禁したから再会できたと思う。
出していなかったら再会していなかったはず。
そういうものだ。


画像は今年壊れた3つのサングラス。
捨てる前に記念に写真を撮っておいた。
今年壊れた3つのサングラス


次に「チケット&トラベルT-1」について。
今年はQVCマリンの千葉ロッテ戦のチケットが沢山入荷したこともあり、新たなロッテファンを開拓できた。
また、京セラドーム大阪&ほっともっと神戸のオリックス戦、ヤフオクドームの福岡ソフトバンク戦、イースタンリーグの千葉ロッテ戦など、初めて入荷してきたチケットも多かったので、経営者の立場からみても今年の「チケット&トラベルT-1」は充実していたと思う。


それと、プロレスと格闘技のチケットの売上が年々悪くなっている。
なので、プロ野球シーズンが終わった後のこの冬の期間、どれだけ売上を伸ばすことが出来るのか?が一つのテーマでもあった。
アメリカンフットボール(Xボウルやライスボウル)、ラグビー(トップリーグ)のチケットが、思ったよりも売れた。
年賀はがき、大相撲、映画、美術館のチケットも売れているし、プロレスと格闘技に拘らず、どんどん幅広くチケットを置かないと。

次はプロレス。
正直、プロレスにあまり興味がなくなってきた。
燃えるものがない。

呆れた話ならいくらでもある。
特に酷かったのは、新日本プロレスのタイチが、不倫をした女性に内容を暴露されたこと。
不祥事といっていい。
だが、プロレスラーならスキャンダルを利用しろって話。
しかも、タイチはヒールだろ。
こういう点からしても、今の新日本に対して物足りなさを感じる。


この時鈴木みのるが、仲間、仲間とバカの一つ覚えのようにタイチを擁護したのも呆れた。
鈴木みのるなんて、傷の舐め合い大好きな互助会レスラーの代表格だからな。
2006年の時点でそれが分かったので、とっくに見切ったが。

大体、風俗嬢に貢がせたって何なんだよ(呆)。
プロが女性にカネを払わせるという点が情けないし、貢がせたなら暴露されても仕方がない。
自分のケツくらい、テメーでふけ!

余談だが、女子プロレスラーと女性ファンを食い物にする男子プロレスラーは多い。
男子レスラーに問題はあるが、ほいほい付いていくファンと女子レスラーにも問題がある。
自業自得ってことだ。

プロレスの話を書くと気分が悪くなるので、次に格闘技。
今年は良くも悪くも、青木真也で始まり、青木で終わった。

自分は青木に対しては評価は高かった。
だが、今年に入ってからガタ落ちした。
こんなに評価を落とした格闘家も珍しい。


ここで2月の話になるが、ターザンさんの日記を紹介する。

渋谷移動(ターザン山本!、煩悩菩薩日記)
一部引用
T-1チケットの事務所に行き二見社長と雑談。今週号の『週刊プロレス』を渡す。
 青木真也も木谷オーナーもTwitterオタク。
どこか似たところがある。
あと長野美香が引退試合をやるはずだった興行のパンフレットをもらった。

 さっそくそれを二見社長に持ってもらい写真を撮る。あとでそれをTwitterにアップした。
いやあ、ホントに青木真也が言っていることは支離滅裂だ。


以上。

確かに、木谷オーナーと青木真也は、自分がどう思われているのか、必要以上に気にしている部分で似ている。

青木の悪い点は、ツイッターで青木の方から一般の人に絡んでいくところ。
一般人の方から青木に絡むなら分かる。
青木の場合は逆。
そもそもプロの格闘家が、ファンが呟いたことにイチイチ絡んでいくか?
しかも、最終的には反論できなくなると逃げる(呆)。

青木はよく女子格闘技の批判を書いているが、確かに青木の言う通り努力の足りない部分も多々ある。
しかし、青木は会場にも来ないで、ツイッターで文句を書くだけ。
女子格闘技に対して愛情が感じられないし、ただのクレーマにしか見えない。


自分の中で総合格闘技は、修斗が一番かな。
スタッフ、選手が一体となっていると、こっちにも伝わってくる。
画像はVTJ 3rdのDVD(このDVDは売切れ)。
VTJ 3rd DVD


ドラマについて。
この数年というか、離婚した2007年以降、2012年までの5年間はドラマを全く観ていなかった。
ところが昨年辺りから再びドラマを観るようになった。
観るようになったといっても、最初は再放送中心で、相棒やハンチョウは再放送で初めて知った。
その内、再放送だけでなく、リアルタイムでのドラマも観るようになった。

ドラマを観るようになったのは、自分のライフスタイルが変わったことが大きい。
プライベートのことは書かないが、明らかにある女性の影響だろう。


そんなことで、今年リアルタイムで見続けたドラマは以下の通り。

1月〜3月 僕のいた時間 主演 三浦春馬
4月〜6月 ブラック・プレジデント 主演 沢村一樹
7月〜9月 信長のシェフ 主演 玉森裕太、昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜 主演 上戸彩
10月〜12月 素敵な選TAXI 主演 竹野内豊

相棒12(昨年10月〜3月)は正月までは観続けていたが、成宮が嫌になったので脱落。
ドクターXは最初期待して観たが、つまらなくなったので見るのを止めた。

こうしてみると7月〜9月は2本観たが、あとはワンシーズンに1本を集中して観るのが特徴。
昼顔を除いて、主演は全員男性。
但し、自分の中では信長のシェフの主演は及川光博。


そういえば、昼顔は途中から観たんだよな。
前から友達の女性に「昼顔がドロドロして二見さん好みのドラマで面白いよ」と言われていて、上戸彩のことが好きでないので「上戸彩主演のドラマは観たくないんだよね」と、観ることを拒否していたが、会う度に「面白い」と言われたので、9月11日の9回目の放送分から昼顔を初めて観た。

言われた通りドロドロとした不倫のドラマで、一発でハマってしまった。
タイミングがいいことに、翌日の9月12日から再放送が始まり1回目から8回目までは再放送で観ることができた。

で、今年一番面白かったドラマは、ブラック・プレジデント。
昼顔は最終回が納得できなかったので、あれがなければ1位になったが。


というわけで、総まとめはこれにて終了。

「T-1グランプリ〜レスラー二見社長が堀田祐美子と初対決〜」DVD付課外授業、受講生随時受付中!

T-1ベスト興行 二見社長対堀田祐美子初対決の非売品DVD付きの課外授業について

男子は二見1人、残り全員女子プロレスラーという大会は「T-1興行」が元祖!今のプロレスに忘れているものが07・10・8「T-1グランプリ」にある

歌舞伎町の黒いBOXで二見社長が大流血した映像を7年ぶりに解禁!11・16(日)T-1ベスト興行DVD付プレミアトーク開催

最後に、今年最後となる恒例の雑談コーナー。

画像は新日本プロレスのファンからの差し入れだが、これは何に見える?
カツ丼ではない。
正解はカツ丼に見えるケーキ(笑)。
カツ丼に見えるケーキ


昨日は「T-1興行」のDVDが2本出た。
「T-1グランプリ〜二見社長が堀田祐美子と初対決〜」売品DVD付の課外授業の受講者がいたので1本減り、「伝説のT-1興行第7弾」が1本売れた。
12/26は「伝説のT-1興行第6弾」、12/24は「T-1グランプリ〜二見社長が堀田祐美子と初対決〜」新宿大会と「伝説のT-1興行第7弾」と「伝説のT-1興行第6弾」のDVDが出たので、この1週間で6本売れた。
年始もこのペースで出てほしい。

課外授業はワンツーマンということで、自分も勉強になる。
学ぼうとする姿勢は勿論のこと、やる気と積極性を持つというのは大事なことだ。

aikoがツイッターで、「素敵な選TAXI」の主題歌に使ってもらったことについて感謝のツイートをしていたが、こちらこそ感謝したい。
ドラマと主題歌がマッチしていたし、続編をやるなら再びaikoの曲を使ってほしい。
そういえばaikoの『あたしの向こう』って、枝分さん(竹野内豊)の気持ちを歌詞にしているということを、最終回が終わってから気づいた(笑)。

阪神の話を書くと、和田は投手の代え時が後手後手なケースが多いが、この後手後手になる時に限って大量失点に繋がる。
投手交代については、投手コーチの中西も悪いからな。
もっとも和田と中西が悪いわけじゃない。
投手陣では榎田はホント成長していないし、先頭打者への四球から失点することが多過ぎる。
悪い時の岩田もこのケースが多かったが、今年は無駄な四球が減ったことで9勝挙げた。

逆に、巨人の原監督は代え時が早い。
早すぎることも多々あるが、原と和田では雲泥の差があると思う。
ただ、クライマックスシリーズ ファイナルステージでは、和田が原になって、原が和田になったが。

WJ長州力ハンドタオル、新日本プロレス10大事件の真相、WING、キニョネス、ポーゴ&金村Tシャツ、WING&アイスリボンポスター

2014年の二見激情は終わり。
2015年の「チケット&トラベルT-1」は1月2日から営業。
よろしくでモニカ!

「T-1グランプリ〜二見プロレスデビュー戦〜」DVD付課外授業、受講生随時受付中!

二見プロレスデビュー戦DVD付きの「フタ・ミ塾」課外授業を実施!浦井百合とまさかの再会!

前人未到な挑戦、前代未聞のAVとのコラボ、スポンサー獲得、浦井百合覚醒、非常に重要な意味合いを持つ二見プロレスデビュー戦「T-1グランプリ」

T-1興行第7弾・6弾・5弾DVD

地殻変動を起こした第二次T-1「伝説のT-1興行第7弾」新木場大会で二見社長がプロレスデビューを決意!6年8ヶ月ぶり映像解禁!DVD発売中

第一次T-1終了!ターニングポイントとなった伝説のT-1興行第6弾が7年ぶりに映像(DVD)解禁!46分23秒の二見独演会と中島まさかの造反

二見社長の魂の叫び⇒決まったことしかできないプロレスなんかいらねーよ!「伝説のT-1興行第5弾〜トラブルシューター二見×篠原〜」のDVD発売!T-1三羽烏プラス珍獣のコメント必読!

通販希望の方(5000円以上は送料無料)   T-1興行DVDコーナー
posted by 二見社長 at 22:50| Comment(0) | 日記・金券・チケット情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
spacer.gif
spacer.gif