infomation_ttl.jpg
次回イベント未定
ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.64 二見社長×
チケット&トラベルT-1(東京・水道橋) 03-5275-2778
07年二見式のケジメ T-1スペシャル DVD 発売中
T-1グランプリ〜二見社長対堀田祐美子初対決〜、二見プロレスデビュー戦 DVD付課外授業受講生受付中

2017年12月18日

因果応報 不義理したプロレス団体、プロレスラー、あいつとこいつにアレとコレ 何と5つが勝手に自滅 ターザン山本氏とシークレットイベント

本題の前に、極上の二見激情ブログの記事を1つ、悪球打ち野球ブログの記事を2つ紹介。

日馬富士だけが辞めてもトカゲのしっぽ切り 伊勢ケ濱親方の責任は重大 白鵬の増長を許した相撲協会 偏向報道を繰り返すメディア、横野レイコ

埼玉西武対巨人クリアファイル 渡辺久信×斎藤雅樹、浅村栄斗×坂本勇人、牧田和久×小林誠司、17年ビジター応援ピンバッジ、ライオンズフェスティバルうちわ

西武よりも阪神タイガースの短期決戦の弱さは異常 CSファーストステージに7度出場してファイナルステージ進出は1度だけ

阪神の短期決戦の弱さは異常の記事の10/20付のアクセス数は9596だった。

水道橋 チケット&トラベルT-1  03-5275-2778

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1 ツイッター)

前回、オフィシャルブログ(当ブログのこと)と極上の二見激情ブログの統合が完了するまで、当ブログを更新しないと書いておきながら早くも撤回。
あと1回だけ更新する。

12/10(日)ターザン山本!氏と一緒にシークレットイベントを開催した。

このイベントを開催した経緯を説明すると、3・26「ガチトークフタミ塾63 二見×ターザン山本!〜重大発表&○○○最後のフタミ塾〜」で、チケット&トラベルT-1の移転を発表。

同イベントで、「不義理したプロレス団体、プロレスラーは許さない」と復讐するために現在の場所に移転すると公言。

さらに、許すことができないのはほかにもいて、あいつとこいつを一緒に断罪(当然、フタミ塾では実名公開)。

当初の予定では、プロレスチケット部門で結果を出してからブログで実名告発するはずだったが、移転後のリミットとしていた3ヶ月で結果を出すことができなかった。

結果を出せなかった以上ケジメを付ける意味で、不義理したプロレス団体、プロレスラー、あいつとこいつなどの実名公開を封印、この件で知っているのは、3・26「フタミ塾」参加者のみとなった。

こっちは赤っ恥をかき、封印したことで、不義理したプロレス団体、プロレスラー、あいつとこいつも含めて、高笑いしていると思いきや、不義理したプロレス団体、プロレスラー、あいつとこいつも含めて、4つの中で3つが自滅した。

こっちは何もしていない。
でも自滅したってことは、因果応報と言っていいだろう。

これは「フタミ塾」を開催して報告した方がいいと思ったが、店に来ない人たちを対象に開催しても意味がない。

そこで、3・26「フタミ塾」に参加者の中で、新店舗(移転後)に頻繁に来店してきた合格者3名を対象にシークレットイベントを開催した次第。

不義理したプロレス団体、プロレスラー、ほか諸々がどのように自滅したのか、その後どうなったか、ここだけの話を初公開。

さらに、3・26「フタミ塾」で話しをしなかった、アレとコレについて自滅した話を初公開。

つまり、不義理したプロレス団体、プロレスラー、あいつとこいつ、4つの中で3つにプラス、アレとコレの2つ、5つも自滅した。

2つ、3つ、5つと表現する意味は、個人だけではないから。
会社だったり、これ以上書くとヒントを与えることになるのでもう書かないが。

で、自滅した人たちには共通点がある。
それはオレに不義理しなかったら、こういうことにはならなかった、ということだ。

衝撃的な話を公開しまくったので、ターザン氏は興奮しまくり、ターザン節が冴えまくっていた。


ターザン氏の日記を紹介。

毒演会だ(ターザン山本!、煩悩菩薩日記)

一部引用

二見社長を囲んでの忘年会。

 忘年会には4人の参加者あり。

 いずれも1年を通して「Tー1」に通った常連たち。生き残り。二見ファン。だからか二見社長は取って置きのネタを出して来た。

 これは書けないよ。ヤバいよ。無理。ここだけの話だよなあ。テーマは怨念。そしてタタリ? とにかく二見社長は執念深い。

 怖いよ。本当はいい人だけどね。4時間、ぶっ続け。23時まで独演会。いや、あれは毒演会だよ。毒壇上だああああああ。

 恐れ入りました。常識破りの忘年会とはこのことかもね。


以上。

4名?
3名じゃないのか?

実は3名の予定だったが、不合格者の中で1名参加したいと直談判があり、この3週間で3度来店して3万円以上の売上に貢献したので、特別に許可して4名に増えた。

ただ残念なことにこの特別に許可した方だけが、今回開催した主旨を理解していなかった。
あれでは、ゲストのターザン氏に失礼になるし、何のために今回特別に開催したのかって話になる。

注意する点は沢山あるので直接注意しないといけないが、一つ言えるは、自分とターザン氏の話を聞きたいから、この日みんな集まった。

これは今回のイベントに限らず、「フタミ塾」などのイベント、全て当てはまる。

それをイベントの主旨と関係のない個人的な話をずっとされても困る。
パスの話なんか、10秒で終わる話だ。

時間が限られているんだから、それくらい理解してほしい。
正直言って、話さないといけない話ができなかったし、ターザン氏の怨念で面白いことがあったので、この話を引き出したかったが、タイムオーバーになってしまった。

親しき中にも礼儀ありだろう。

とにかく、今回の件について注意しないといけないので、年内までに店に来ること。
来店以外は認められない(電話は不可)。

年内まで来店と設定した意味は、来年早々シークレットイベントを開催するかもしれないので、それまでに解決しておかないと、次は参加できなくなってしまうから。

いずれにしても、やれ復讐とかの話題はこれで終わり。

他人のことよりも、T-1店舗を何とかしないといけない。


最後に雑談コーナー。

大相撲の日馬富士暴行事件は、本来なら日馬富士は勿論のこと、暴行現場にいながら止めなかった白鵬、鶴竜、照ノ富士、石浦、相撲協会の報告しなかった伊勢ケ濱親方がメディア、マスコミに批判、追及されないといけないはず。
ところが、いつの間にかマスコミの操作報道で、被害者である貴ノ岩と貴乃花親方への叩きに変わってしまった。

実際、協会の手先の横野レイコ、大至、維新力、池坊保子議長(最近は出なくなったが)がテレビで出演して、連日連夜、被害者側の貴乃花親方と貴ノ岩の批判を繰り返した。

これは、相撲協会が気に入らない貴乃花叩きを操っていることは明白だ。

メディアで一番酷いのはフジテレビのグッディ。
MCの安藤優子が横野レイコと一緒になって、貴乃花親方と貴ノ岩を批判する。

先週の放送では、「日馬富士は何度も貴ノ岩に連絡を入れているが電話に出ない」と、この状況で電話に出ないのは当然なのに、電話に出なかった被害者側が悪いという方向へと誘導。
横野は悪質極まりないコメンテーターだ。

こうなったら週刊文春か新潮で、厚顔無恥な女ベスト10を発表してほしい。

候補は小池百合子、安倍明恵、山尾志桜里、豊田真由子、上西小百合、稲田朋美、今井絵理子、松居一代、清水富美加、安藤優子、横野レイコ、この辺りか?

因みに同じフジテレビのバイキングは、MCの坂上忍が白鵬批判派なので、まだマシ。

画像は、運慶(東京国立博物館)のちらし(入館券は売切れ&開催期間終了)。

運慶



昨日、第1回T-1興行のDVDが売れたので、新店舗に移転してからT-1DVDが売れたのは5本目となった。

これで今年になってからT-1興行のDVDは、第1回3本、第2回3本、第3回3本、第5回2本、第6回2本、第7回2本、第8回1本、第9回3本、第10回2本、21本売れた。

移転前の1月〜4月中旬までは16本売上と好調だったが、移転してからは5本と伸び悩んだ形か?

T-1興行DVD通販申込み(5000円以上は送料無料)⇒  T-1興行DVDコーナー

千代田区三崎町2-11-11 福田ビル2階 JR水道橋駅東口&西口下車

T−1グランプリオフィシャルサイト

T1futami(T-1二見 ツイッター)  (二見社長 フェイスブック)

T−1激情&チケット
posted by 二見社長 at 22:39| Comment(0) | ターザン山本!関連

2017年12月03日

悪球打ち野球ブログと極上の二見激情ブログは移転、オフィシャルブログは終了(極上の二見激情ブログと統合) 3つもブログは必要なし

本題の前に、極上の二見激情ブログの記事を1つ、悪球打ち野球ブログの記事を2つ紹介。

モンゴル互助会に大相撲が舐められている 白鵬に厳重注意しかできない相撲協会 未だに謝罪会見をしない日馬富士 被害者側を批判するマスコミ 協会、マスコミは腐っている

来年プロ野球チケット部門をさらなる売上拡大を目指すには、横浜DeNA戦(横浜スタジアム)の入荷枚数を増やすこと 戸柱恭孝&石田健大 17年ビジターデーカード

クライマックスシリーズ 埼玉西武ライオンズの不吉なジンクス 2位で本拠地開催の場合、過去3度ともファーストステージで敗戦 初戦の重要性

モンゴル互助会に大相撲が舐められている記事の11/25付のアクセス数は16509だった。

注目なのは、更新5日後の11/30付のアクセス数が5477、6日後の12/1は4302あったことだ。
ブログを更新していない状態にも拘わらず、5日、6日経って5千、4千を超えたのは今まで記憶にない。

因みに、来年は横浜DeNA戦(横浜スタジアム)の入荷枚数を増やす記事の10/6付のアクセス数は8124だった。
この数字は期待の現れか?

水道橋 チケット&トラベルT-1  03-5275-2778

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1 ツイッター)

それにしても角界は腐っている。

相撲協会とズブズブの池坊保子と御用ライター横野レイコが、被害者側の貴乃花親方と貴ノ岩を徹底的に批判し、加害者側のモンゴル互助会 日馬富士と白鵬を擁護すればするほど、相撲協会の評判は落ちる一方だ。

特に、横野のクズっぷりは際立っているどころか、日々加速している。
そして、協会、評議員、横審、メディアは無能の集まりだ。

前置きが長くなったが本題。

ご存知のように、スポナビブログが来年1月31日で終了する。

それにより、極上の二見激情ブログと悪球打ちの野球ブログは、引っ越ししないと2月1日以降は閲覧できなくなる。


オレがブログを辞めたらプロレス団体、プロレスラーを批判する者は誰もいなくなってしまう スポナビブログでの極上のT-1二見激情見参はあと2ヶ月で終了

悪球打ちT-1野球ブログ、一足先にFA宣言!移籍先は? スポナビブログ2018年1月31日で終了

引っ越し先のブログは決めており、あとは手続きをするだけ。

先に野球ブログから移転を行い、その後に極上の二見激情という流れで、年内には完了したい。

以前7月に、オフィシャルブログ(当ブログのこと)に関しても引っ越しすると書いたが、その時はまさかスポナビブログが終了するとは思っていなかった。

でもスポナビブログが終了ということになり、予定を変更する。

当ブログに関しては、移転しないで終了する。
厳密には、極上の二見激情ブログと統合する形だ。

過去記事は残したいので、移転した極上の二見激情ブログに過去記事を移す。
移し終わったら、このブログは終わり。

結局、3つもブログは必要ないってこと。

スポナビブログは、原則スポーツのことしか更新できないため、このブログが必要だった。

今度の新しく移転するブログは何を書いてもいいので、それなら極上の二見激情と言葉はいらないだろブログ(当ブログのこと)を分ける必要はなくなった。

なので、来年からはプロ野球の悪球打ちブログと、プロレス、格闘技の極上の二見激情ブログの2つとなる。

2つあれば充分だろう。
正直言って、当ブログはあまり売上に繋がっていなかったこともあったので、いい機会だ。

あとメルマガについても辞めるかどうか検討中。


T−1激情&チケット

何度も書くが売上に繋がらないものを、ダラダラと続けても仕方ない。

統合が終わるまで、当ブログはしばらく更新しない。
完了したら、最後の挨拶をしないといけないので、少なくともあと1回は更新する。

それまでしばらくお待ちを。


T−1グランプリオフィシャルサイト

T1futami(T-1二見 ツイッター)  (二見社長 フェイスブック)

最後に雑談コーナー。

12/25(月)にターザン山本!氏と一緒に葛西純興行を観戦の企画、募集してから1日で受付が終了した。

しかも、予定では3名だったが、1名追加の4名になった。
最近はブログ等で告知しなくても、直ぐに埋まるようになった。

そのターザン氏と、12/10(日)に今年最後のシークレットイベントを開催する。

このイベントに参加できるのは、3/26フタミ塾に参加者の中で、新店舗に頻繁に来店してきた合格者3名だけ。

イベントの詳細を知っているのは合格者3名のみ。
開始時間、どこで開催するのか、全て非公開となる。

こういう形式のイベントは初めてなので、どういう展開になるのか楽しみだ。

久々第1回T-1興行のDVDが売れた。
新店舗に移転してからT-1DVDが売れたのは4本目。

これで今年になってからT-1興行のDVDは、第1回2本、第2回3本、第3回3本、第5回2本、第6回2本、第7回2本、第8回1本、第9回3本、第10回2本、20本売れた。

T-1興行DVD通販申込み(5000円以上は送料無料)⇒  T-1興行DVDコーナー

千代田区三崎町2-11-11 福田ビル2階 JR水道橋駅東口&西口下車
posted by 二見社長 at 21:26| Comment(0) | 日記・金券・チケット情報
spacer.gif
spacer.gif